Some words and phrases cited from

形見(かたみ)
黒く澄んだ夜空(よぞら)
刻一刻(こくいっこく)
慰撫(いぶ)
大腿(だいたい)
壊死(えし)
従兄(じゅうけい)= いとこ
呆気(あっけ):驚きあきれた状態
庭師(にわし)
幻影(げんえい)
開業医(かいぎょうい)
得意先、常連客
眼を遣る(やる)
掛り付け:病気などでいつも特定の医者や病院にかかっていること。
覚束ない(おぼつかない):物事がはっきりしない状態、または、それに対する不安・不満の感情を表す語
請け合い:約束すること。また、保証すること。転じて、保証付き。
眉を顰める:
草臥れる(くたびれる):くたくたに疲れる。疲労する。
打てば響く:すぐに反応がある。すぐに結果が表れる。「~ような返事」
荼毘(だび)に付す(ふす):火葬。また、葬式
お浄め:おきよめ
夥しい(おびただしい)
不甲斐ない:意気地がない。気概・気力に掛けている。
刺を通じる:名刺を出して面会を求める
恐れを知らず
虫の知らせ
埒(らち)が明く(あく)
一か八か:運を天に任せる
却って説く(かえってとく)
手を煩わす : 人の世話になる。面倒をかける。厄介をかける。[先生のお手を技らわせてすみません]
漲る(みなぎる)
若さが漲る
きらり 瞬間的に光るさま。きらめくさま。
涙がきらりと光る
予後:病後の経過
友人知己(ちき)
呟く(つぶやく)
囁く(ささやく)
窘める(たしなめる):①苦しめる。悩ます。②咎める(とがめる)。叱る
侮る(あなどる)
宥める(なだめる)
要(かなめ)
簾(すだれ)
貢(みつぎ)
棺、柩(ひつぎ)

漸く、ようやく

御用納め 12.28
御用始め 01.04
調える(整える)
断ち(たち)
詰る(なじる)
患う(わずらう)
彷徨う(さまよう)
掌る、主る、司る(つかさどる)
覆う、被う、蔽う、蓋う、おおう
喪主、もしゅ、そうしゅ
忌明け(いみあけ)
からかう

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s