『妻と私』 筆記①

★ 咄嗟 - とっさ

①舌打ちして嘆く(なげく)こと。また、息をはくこと。

②ちょっとの間。たちどころ。瞬間。 -

「とっさの間」

★ 然りげ無い - さりげない

〇そんな様子がない。何気ない。

「さり気無い装い」

★ つとめて 【務めて、努めて、力めて】

強いて心を励まして。無理にも。おして。できるだけ。

「つとめて平気を装う」

★ 誌面 - しめん

雑誌の記事の載っている面。

★ ひょっとすると

もしかすると。ひょっとしたら。

「ひょっとすると、雨になるかもしれない」

★ 倦む - あぐむ

ある物事をしとげられないでいやになる。あぐねる。

★ もとより 【元より・固より・素より】

①初めから。以前から。

②いうまでもなく。もちろん。

★ 末日 - まつじつ

ある期間の最後の日。

★ 早春 そうしゅん

春のはじめ。 初春(しょしゅん)。 浅春(せんしゅん) ⇔ 晩春(ばんしゅん)

★ 掠める ― かすめる

① こっそりと奪いとる。

② ひと目をくらます。誤魔化す。

③ わずかに触る。触れるか触れないかの所を通り過ぎる。

④ 仄めかす(ほのめかす)

★ 片隅 (かたすみ)

「心の片隅を掠める」

★ 生地 (きじ)

★ ジョーゼット(georgette)

DSCF0789

★ 近来 (きんらい)

★ 麻痺 (まひ)

★ 日和見 (ひよりみ)

① 天気模様を見ること。

② 事の成り行きを見て有利な方に就こうと形勢をうかがうこと。

★ 無力感 (むりょくかん)

★ 萎える (なえる)

★ 向日葵 (ひまわり)

★ 取り計らう (とりはからう)

物事がうまくいくように取り扱う。処理する。はからう。

★ 多弁 たべん

多くしゃべること。口数の多いこと。おしゃべり。饒舌(じょうぜつ)。

★ 横町(よこちょう)

c0071611_1194842

★ 紀伊国屋 (きのくにや)

★ 守り抜く(まもりぬく)

★ 伏在(ふくざい)

★ 未亡人 (みぼうじん)

夫と死別した女性。寡婦(かふ)。ごけ。びごうじん。

★ 水際立つ (みずきがだつ)

鮮やかに際立つ。一際(ひときわ)目立つ。

「水際立った演技」

★ 不得要領 (ふとくようりょう)

★ 聞き覚え

★ 直ぐ様 すぐさま

ただちに。すぐに。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s